非熱式脱毛 全身

非熱式脱毛は全身脱毛に適しているか

 非熱式脱毛は肌や体への負担が少なく、そういう点では全身脱毛に向いた施術といえます。 レーザー式やフラッシュ式のように毛根に熱を加えて脱毛させる方式は、やけどやかゆみ、施術時の痛みなどがどうしても懸念されます。最近の脱毛機器はトラブルが起きづらいように工夫されていますが、肌のコンディションは一定ではないため、全身の処理となると、部位によっては強い痛みがあったり、同じ出力なのにトラブルが起きてしまったりすることが考えられます。 非熱式脱毛は文字どおり熱を使用しない施術法で、植物由来の抑毛成分が配合されたジェルを肌に塗り、クリプトンライトで成分を活性化させて毛穴に浸透させるというものです。SSC脱毛と呼ばれることもあります。 クリプトンライトはごく低出力で照射されるのでやけどや痛みの心配はありません。またレーザーと違い、日焼けや色素沈着した肌にも施術ができるといったメリットがあります。 ただ、前述のように、脱毛させるのではなくあくまでジェルでじょじょに毛の再生機能を弱らせていく「抑毛」の処理になるため、どのくらいの効果が期待できるかは、個人差があります。効果も、効果が出始めるまでの期間もまちまちで、言ってしまうと「やって見なければ効果は分からない」という感じがあります。 ただ非熱式脱毛はトラブルがないのは確かですから、痛みがどうしても苦手な方は試してみてもよいでしょう。料金は比較的安めです。