非熱式脱毛 産毛

産毛も脱毛できる非熱式脱毛

非熱式脱毛は、非加熱式脱毛ともいわれていて、2006年からおこなわれています。この非熱式脱毛は、脱毛するときの痛みがほとんどないことや、値段が安いことが魅力です。非熱式脱毛とは、大豆イソフラボンの抑毛効果を、特殊な光のオゾンを当てて、浸透させる脱毛方法です。その方法は、まず、大豆イソフラボンなどの入ったローションのDAエッセンスを、お肌に塗ります。その後、専用の脱毛機で、オゾンを当てます。そうすると、DAエッセンスが、不活性化成分に変化します。続いて、専用の脱毛機で、マイナスイオンを当てて、毛穴を開きます。そうすると、その開いた毛穴に、不活性化したDAエッセンスが、浸透していきます。そして、浸透したDAエッセンスは、毛乳頭に浸透して毛根の成長を弱めます。これを繰り返しおこなっていく脱毛方法が、非熱式脱毛です。この非熱式脱毛のメリットは、まず、熱を使わないので、やけどの心配がなく安心です。つぎに、針を使わないので、痛みがないです。そして、レーザー脱毛ではむずかしい産毛や薄い毛も脱毛が、可能なことです。